仲介手数料を無料にする方法2 



仲介手数料を無料にする方法2(広告料編)


不動産屋が広告料をもらえる物件は、
仲介手数料を無料にできる可能性があります。


営業マンが他の不動産屋の物件を紹介するときに、その不動産屋からFAXで資料を取り寄せます。その資料の右下の方に 「AD100」「広告料1ヶ月分」などと書かれていることがあります。


その物件は広告料つきの物件です。
見逃さず見てみましょう。


不動産屋は、
広告料がつかない物件は仲介手数料1ヶ月分しかもらえません。
広告料がつく物件は仲介手数料と広告料合わせて2ヶ月分もらえることになりますので交渉の余地があります。


広告料の記載をお客さんに見られないように、消してから紹介する営業マンもおります。
FAXが到着した後に、裏の方に行って資料に修正を加えている様子がわかればそれは広告料つき物件の可能性が高いです。


交渉の仕方としては、

「他の不動産屋がこの物件を仲介手数料なしでやってくれるようですが、こちらでもお願いできますか」


その場で言わず一度持ち帰って後で言うと効果的です。
このように言えば下がる可能性が高いです。



「広告料付き物件 = 交渉しやすい」



広告料つき物件を見極める方法として、

図面の下の方に取引形態が書いてあります。
不動産屋がどのような立場かを示すもので、
「貸主」「代理」「専任」「仲介」などの記載があります。

取引形態が「貸主」であればこの物件の大家さんということになりますので、 広告料つき物件と判断できます。 大家さんは決まった際に1ヶ月分の報酬を不動産屋に払うことが一般的です。

貸主とわかれば、礼金や仲介手数料などを交渉してみましょう。

あとは営業マン次第ですが、

「交渉して下がれば決めます」

と言えば、広告料を削って安くしてくれます。



関連記事


人気のおすすめサイト


SUUMO

物件数豊富、人気NO1サイトのSUUMO

   スマイティ

必ずキャッシュバックがもらえるサイト

   door賃貸

キャッシュバック率が高いサイト 

人気急上昇中の話題サイト


いえらぶ

全国300万件を扱う
賃貸ポータルサイト

キャッシュバック賃貸

現金還元サイト
最大10万円 

  部屋まる。

東京で6万円以下の
物件を扱うサイト

忙しい方におすすめのチャットで探してくれるサイト


    イエッティ

深夜まで対応。東京、関西対応。
既読がつきライン感覚でやりとり可。

   イエプラ

深夜0時まで対応。現地待ち合わせ可能。
お部屋を探してくれるサイト。



posted by 賃貸比較くん at 16:34 | 仲介手数料を交渉する 
. 

▲ページの先頭へ