家賃交渉の方法4(現住居の家賃を下げる方法) 



家賃交渉の方法4(現住居の家賃を下げる方法)


まず他の入居者が今どのくらいの家賃で入っているかを確認します。
もし他のお部屋の家賃が安ければ、交渉の余地があります。
下がるタイミングとしては更新の時です。

物件の価値は、年々下がっていきます。
長く住めば周りの家賃は必然と下がっていくものです。

自分の家に空室がないかインターネットで検索します。
もし自分の家より安く募集が出ていた場合、管理会社にこのように交渉します。

「引越しを検討して探しているのですが、他のお部屋が安く出ているのを見ました」

「もし下がるなら更新を検討します。大家さんに交渉してくれませんか」


不動産屋は大家さんにお話をしてくれます。
大家さん次第ですが、空室にするよりは下げて入っていてもらった方が良いので、 たいていの場合少し安くしてくれます。



関連記事


キャッシュバックサイトおすすめ


door賃貸

キャッシュバック率が高いサイト 

スマイティ

必ずキャッシュバックをもらえるサイト 

キャッシュバック賃貸

物件によりキャッシュバック金額が異なる

人気急上昇中の話題サイト


SUUMO(スーモ)

賃貸ポータルサイト人気No.1
安定の人気サイト

【部屋まる。】

東京で6万円以下の
物件を扱うサイト

いえらぶ

全国300万件を扱う
賃貸ポータルサイト

忙しい方におすすめのチャットで探してくれるサイト


イエッティ

深夜まで対応。東京、関西対応。既読がつきライン感覚でやりとり可。

イエプラ

深夜0時まで対応。現地待ち合わせ可能。お部屋を探してくれるサイト。

AWANAI賃貸

業界初、不動産屋に会わずに契約。 LINEでやりとり、内見せずに契約。



posted by 賃貸比較くん at 22:07 | 家賃・敷金・礼金交渉をする 
. 

▲ページの先頭へ