家賃発生日を延ばす方法 



家賃発生日を延ばす方法


一般的に、お部屋の入居申込後、約2週間後に新居の家賃が発生すると言われております。

今住んでいるお部屋は1か月前に解約を出すところがほとんどです。
家賃が重なる期間を少なくするために、交渉が必要です。


例えば、「1月中旬」に申込をした場合、通常は家賃の発生日は「2月上旬」くらいになりますが、大家さん次第で延ばせたり延ばせなかったりします。


少しでも家賃発生日を延ばせるような方法をお伝えします。


「今日契約でも良いので延ばしてください」

⇒一度契約すれば、キャンセルはできず、通常解約となります。
 敷金礼金を返す必要もないため、早めに契約をできるということに大家さんは安心します。


「もし1年以内に解約する場合、1か月分の違約金を支払います」

⇒家賃発生日を延ばしてもすぐ出るようであれば貸した意味がありません。1年以上は住んでもらえるという安心感があると効果的です。


「家賃を1000円あげるので、家賃発生は延ばしてください」

⇒予算がある方にはオススメです。長く住めば大家さんにとってもお得だからです。


あとは、大家さん次第ですが、大家さんに交渉するのは営業マンです。
営業マンに頑張ってもらえるような雰囲気作りも必要です。



関連記事


人気のおすすめサイト


SUUMO

物件数豊富、人気NO1サイトのSUUMO

   スマイティ

必ずキャッシュバックがもらえるサイト

   door賃貸

キャッシュバック率が高いサイト 

人気急上昇中の話題サイト


いえらぶ

全国300万件を扱う
賃貸ポータルサイト

キャッシュバック賃貸

現金還元サイト
最大10万円 

  部屋まる。

東京で6万円以下の
物件を扱うサイト

忙しい方におすすめのチャットで探してくれるサイト


    イエッティ

深夜まで対応。東京、関西対応。
既読がつきライン感覚でやりとり可。

   イエプラ

深夜0時まで対応。現地待ち合わせ可能。
お部屋を探してくれるサイト。



posted by 賃貸比較くん at 22:40 | 家賃・敷金・礼金交渉をする 
. 

▲ページの先頭へ