迷っているときに使うトーク 



迷っているときに使うトーク


営業マンはいかに申し込みを取るかを考えています。
この物件に決めるかどうか迷っているとき、営業マンが必ず言う言葉があります。
決まってしまうかもしれないとあせらすことが一番の目的です。


■よく使われる言葉

「考えている間に他から申し込みが入るかもしれない」

「申し込みすればお部屋の募集はストップするので、申し込みしている間に考えましょう」

「申し込まないで、数日考えてやっぱりここにすると決めた時に、
 空いていない可能性がある」


「キャンセルしても契約まではお金は一切かからない」

「見ている人は多いので、その人が申込書を送ってしまうと取られてしまう」


このように今決めないと損します、ということをアピールします。


賃貸営業マンの仕事は、まず一日のお申し込みをとることが最優先されますので、
ノルマがきつい営業会社であればあるほど、このようなトークをして申し込みを勧めてきます。



関連記事


キャッシュバックサイトおすすめ


door賃貸

キャッシュバック率が高いサイト 

スマイティ

必ずキャッシュバックをもらえるサイト 

キャッシュバック賃貸

物件によりキャッシュバック金額が異なる

人気急上昇中の話題サイト


SUUMO(スーモ)

賃貸ポータルサイト人気No.1
安定の人気サイト

【部屋まる。】

東京で6万円以下の
物件を扱うサイト

いえらぶ

全国300万件を扱う
賃貸ポータルサイト

忙しい方におすすめのチャットで探してくれるサイト


イエッティ

深夜まで対応。東京、関西対応。既読がつきライン感覚でやりとり可。

イエプラ

深夜0時まで対応。現地待ち合わせ可能。お部屋を探してくれるサイト。

AWANAI賃貸

業界初、不動産屋に会わずに契約。 LINEでやりとり、内見せずに契約。



posted by 賃貸比較くん at 21:55 | 営業トーク 
. 

▲ページの先頭へ