「カラ電」電話をしているフリ 



「カラ電」電話をしているフリ


カラ電とは営業マンが実際に電話はしていないのに、電話をかけているように見せかける行為をいう。カラ電は本当に電話をしているかのように見せなければならないため、営業マンの演技力(技術)が必要です。

どのようなときにカラ電を使うか、


■物件が決まっていたとき

お部屋をお問い合わせして、決まっているのにもかかわらず、空いていますと言われ来店します。 営業マンは紹介するときに電話をしているフリをして、あたかも今決まってしまったかのように話します。

「えっ、今日申し込みが入ったのですか!?」

このように聞かされると嘘をついているのかなんてわかりません。本当に決まってしまったのかと普通は思います。


■お客さんに感動を与えるとき

家賃が下がれば決めてくれそうな迷っているお客さんがいます。 実際にお客さんの前で交渉電話をしても下がらない場合があります。 そうなると決まりづらいため「カラ電」を使います。

予めお客さんのいないところで交渉して下げておきます。

営業マンは自分の携帯にかけるなどして、あたかも電話をしているかのようにみせかけます。
営業マンは必死にお客さんのために交渉しているフリをします。その場で下げてくれたと勘違いしているお客さんは感動した勢いで「ここにします!」というのです。


■決めるか迷っているとき

お部屋は問題ないが、まだ探せば良いものがあるのではないか、と迷っているとき。
大家さんまたは、管理会社に電話をするフリをして、

「今見に行っている方がいて、ここにするか迷っているみたいです」

「取られてしまうかもしれません、どうしますか」


このように言われると、人間の心理として取られることに対して不安があるため、勢いで決めてしまうのです。


これが営業のテクニックのひとつです。
本当に電話しているかのようで見極めることは困難です。
決めるかどうかは冷静に考えるようにしてください。



関連記事


人気のおすすめサイト


SUUMO

物件数豊富、人気NO1サイトのSUUMO

   スマイティ

必ずキャッシュバックがもらえるサイト

   door賃貸

キャッシュバック率が高いサイト 

人気急上昇中の話題サイト


いえらぶ

全国300万件を扱う
賃貸ポータルサイト

キャッシュバック賃貸

現金還元サイト
最大10万円 

  部屋まる。

東京で6万円以下の
物件を扱うサイト

忙しい方におすすめのチャットで探してくれるサイト


    イエッティ

深夜まで対応。東京、関西対応。
既読がつきライン感覚でやりとり可。

   イエプラ

深夜0時まで対応。現地待ち合わせ可能。
お部屋を探してくれるサイト。



posted by 賃貸比較くん at 22:01 | 営業トーク 
. 

▲ページの先頭へ