生活保護のお部屋探し 



生活保護のお部屋の探し方


普通にお部屋を検索しても生活保護の方はお断りの物件が多いです。

【生活保護が断られる主な理由】

・精神的な病気かもしれない。→周りの人に迷惑をかける。
・高齢者が多い →万が一事故物件になったら困る。
・よくわからないから嫌だ→生活保護のことがよくわからないため、漠然と断ってくださいといわれる場合もある。

【生活保護のお部屋の探し方】

キーワード検索で 「住みたい駅 生活保護」と検索
→その業者に問い合わせる。過去にも取り扱っているので話が早い。

賃料が53,700円になっているか検索する
→賃料が53,700円となっているところは生活保護向けに募集を出している可能性が高い。
 単身の支給額上限が53,700円だからです。※地方や個人によって誤差があります。

不動産屋に探してもらう
→この確認は営業マンはかなりストレスがたまります。
 良い印象をもたれるようにお菓子など差し上げるだけでもやる気が違います。

競争が激しいチェーン店に行く
→歓迎される場合があります。生活保護の初期費用は役所が支払います。礼金を上乗せしてご紹介することで、その上乗せ分が営業マンの売り上げとなるからです。
営業にとって生活保護は売り上げが2倍というイメージがあるため、地元の不動産よりも仲介会社へ行った方が見つけやすいのです。

【大家さんにとってのメリット】

・家賃を役所から直接大家さんへ送金できる。
→滞納の心配がない。

このメリットを受け入れている大家さんもいますので、そういった物件が入居しやすいでしょう。



関連記事


キャッシュバックサイトおすすめ


door賃貸

キャッシュバック率が高いサイト 

キャッシュバック賃貸

物件によりキャッシュバック金額が異なる

人気急上昇中の話題サイト


【部屋まる。】

東京で6万円以下の
物件を扱うサイト

アパマンショップ

店舗数No1
街の不動産屋

忙しい方におすすめのチャットで探してくれるサイト


イエッティ

深夜まで対応。東京、関西対応。既読がつきライン感覚でやりとり可。

イエプラ

深夜0時まで対応。現地待ち合わせ可能。お部屋を探してくれるサイト。

AWANAI賃貸

業界初、不動産屋に会わずに契約。 LINEでやりとり、内見せずに契約。



posted by 賃貸比較くん at 22:39 | 特殊条件の部屋探し 
. 

▲ページの先頭へ