「とりあえず見たい」を潰す 



「とりあえず見たい」を潰す


「とりあえず見たい」


というお客さんがいますが、これは絶対に使ってはいけないワードです。

よく何十件も案内に行く方もおりますが、営業マンにとっては無駄な時間を多く費やしていることになります。探す人にとっては、この一言は営業マンに嫌われますのでご注意ください。

住むお部屋はたった一つですので、営業マンはいかに少ない件数で決めるかを考えています。

とりあえず見る物件で決まる確率は0%に近いです。
決める気持ちがない、条件も定まっていない人が良く使います。
決まらない案内に行かないように営業マンも必死に説得します。


「まず、お部屋を見に行く方は平均して、2,3件です」

「実際たくさん見ると、どれがどれだったかわからなくなります。」

「車の移動や、歩きもあり、たくさん見ると時間もかかり疲れてしまい
 お部屋を集中して見れなくなります」

「とても効率が悪いのです」

「実際決める人は、紹介の段階で図面を見て、これだ!という物件が必ずあります」

「あとは、実際に室内を確認して問題なければ申込となります」

「まずはこの中から2,3件に絞ってみてください」

「あまり気に入っていないのに、4,5番目のものを見ても絶対に決まらないです」

「今までそれで決めた方はいませんでした」

「はっきり言うとお互い時間の無駄になってしまいます」

「もし絞った中で、見てダメであれば条件を変更するかしてまた探しなおします」

「まずは今の段階で候補を絞りましょう」


営業マンはわざと見せないケースもあります。

「管理会社が○時に終わってしまうため、鍵の手配がとれず本日は見れません」

「管理会社の担当が本日不在で見ることができません」

「先程決まってしまったみたいです」

行っても決まらないとわかったら、見せないような工夫をするのです。

探す人は、営業マンのモチベーションを下げないようにすることも大事ですが、
初めてで見ないとイメージがつかないということを伝えれば見せてくれるかもしれません。


「とりあえず見たい」という軽い言葉はなるべく避けた方がよいです。



関連記事


人気のおすすめサイト


SUUMO

物件数豊富、人気NO1サイトのSUUMO

   スマイティ

必ずキャッシュバックがもらえるサイト

   door賃貸

キャッシュバック率が高いサイト 

人気急上昇中の話題サイト


いえらぶ

全国300万件を扱う
賃貸ポータルサイト

キャッシュバック賃貸

現金還元サイト
最大10万円 

  部屋まる。

東京で6万円以下の
物件を扱うサイト

忙しい方におすすめのチャットで探してくれるサイト


    イエッティ

深夜まで対応。東京、関西対応。
既読がつきライン感覚でやりとり可。

   イエプラ

深夜0時まで対応。現地待ち合わせ可能。
お部屋を探してくれるサイト。



posted by 賃貸比較くん at 23:01 | 営業トーク 
. 

▲ページの先頭へ