仲介手数料を交渉する方法【賃貸】 



仲介手数料を交渉する方法【賃貸】


仲介手数料は簡単に下げることができます。

仲介手数料とは、紹介してくれた不動産屋に支払う手数料のことを言います。
上限は「1ヶ月分+消費税」と宅建業法で決まっています。

不動産屋も商売のため、上限の1ヶ月分を取得できるように日々励んでいます。

最近、仲介手数料半額や無料で契約できる不動産屋が多くなってきました。
差別化をはかり集客をするためです。

仲介手数料が半額や無料の露出が増えたため、仲介手数料は簡単に安くできるものだと探す方は思ってしまうほどです。不動産屋に「ここは仲介手数料はいくらですか」と聞くお客様が非常に多くなりました。 安いところで契約をしたいというのは人間だれでも思うことです。

仲介手数料1ヶ月分を支払っている人が多いのが現状です。

実は仲介手数料と言うのは不動産屋が勝手に決めているものであって簡単に安くすることができるのです。

賃貸で仲介手数料を半額や無料で借りる方法をご紹介します。




仲介手数料を無料にする方法1(検索編)




賃貸検索サイトで仲介手数料無料のお部屋を検索する方法です。

検索のチェック項目に仲介手数料無料のチェックがあれば良いですが、
ポータルサイトには現状その機能はありません。
仲介手数料無料のお部屋を検索する方法をご紹介します。




■キーワード検索で「仲介手数料無料」物件を検索する

賃貸検索サイトでは、キーワードを入れて検索することができます。

(SUUMO参照)



キーワード : 【仲介手数料無料 (希望の駅)】

→仲介手数料無料の物件はかなりアピールできる項目の一つです。
そのため、不動産は必ず「仲介手数料無料」と記載をします。あとはエリアも追記することで、そのエリアの仲介手数料無料物件が検索でヒットします。


キーワード : 【貸主 (希望の駅)】

→不動産屋が「貸主」の場合、仲介手数料が無料となります。貸主=大家さんです。大家さんは仲介することができないため、仲介手数料がとれないのです。貸主が出している物件は仲介手数料が無料で借りることができます。


このようにキーワードを入れて検索をすることで、仲介手数料無料の物件を検索することができます。


■仲介手数料無料のサイトで検索をする

仲介手数料無料の物件を集めたサイトがあります。
例えば、お部屋探しはレオパレス21、UR賃貸。その他にも仲介手数料を無料で行っている会社も多くありますのでご紹介します。


仲介手数料無料サイト一覧


→ここで掲載しているお部屋は仲介手数料が無料のため、初期費用が抑えられます。物件は限られますが、初期費用安めでお探しの方にはおすすめです。


仲介手数料を無料にする方法2(広告料編)




不動産屋が広告料をもらえる物件は、
仲介手数料を無料にできる可能性があります。


営業マンが他の不動産屋の物件を紹介するときに、その不動産屋からFAXで資料を取り寄せます。その資料の右下の方に 「AD100」「広告料1ヶ月分」などと書かれていることがあります。


その物件は広告料つきの物件です。
見逃さず見てみましょう。


不動産屋は、
広告料がつかない物件は仲介手数料1ヶ月分しかもらえません。
広告料がつく物件は仲介手数料と広告料合わせて2ヶ月分もらえることになりますので交渉の余地があります。


広告料の記載をお客さんに見られないように、消してから紹介する営業マンもおります。
FAXが到着した後に、裏の方に行って資料に修正を加えている様子がわかればそれは広告料つき物件の可能性が高いです。


交渉の仕方としては、

「他の不動産屋がこの物件を仲介手数料なしでやってくれるようですが、こちらでもお願いできますか」


その場で言わず一度持ち帰って後で言うと効果的です。
このように言えば下がる可能性が高いです。



「広告料付き物件 = 交渉しやすい」



広告料つき物件を見極める方法として、

図面の下の方に取引形態が書いてあります。
不動産屋がどのような立場かを示すもので、
「貸主」「代理」「専任」「仲介」などの記載があります。

取引形態が「貸主」であればこの物件の大家さんということになりますので、 広告料つき物件と判断できます。 大家さんは決まった際に1ヶ月分の報酬を不動産屋に払うことが一般的です。

貸主とわかれば、礼金や仲介手数料などを交渉してみましょう。

あとは営業マン次第ですが、

「交渉して下がれば決めます」

と言えば、広告料を削って安くしてくれます。


仲介手数料を無料にする方法3(クレーム編)




※クレームを利用して無料にさせる方法ですが、これはモラルに反しているため決して行ってはいけません。

実際に無料になった例があるため、ご紹介します。

物件の見学から契約までの間に新人営業マンであったり、営業マンのうっかりミスでお客さんにご迷惑をかけることがあります。

例えば、営業マンが「エアコンはつきます」「○月○日には入居できます」と確認をしないで言った場合

入居してからエアコンがついていなかったら?
何かの理由で入居がずれ、○月○日までに入居できなかったら?

「エアコンがついているから契約をしたのに、どう責任を取ってくれるのか。」
「○月○日までに入居できるからここを契約したのに、どう責任を取ってくれるのか。」

明らかに営業のミスであった場合、そこを責めることで仲介手数料が無料もしくは半額になるケースもあります。

新生活、良い気持ちで入居するには避けたいところです。
実際にクレーマーは存在します。


仲介手数料を半額にする方法1(検索編)




■仲介手数料半額の会社を調べる方法

エイブル、ミニミニはCMでも有名で、仲介手数料半額を売りにしている会社です。
その他にも仲介手数料半額の会社は増えてきました。


・Googleやyahooの検索

「賃貸 仲介手数料半額 (探すエリア)」で調べると、
仲介手数料半額の会社がでてきますので、そこにお問い合わせをします。



・SUUMOなどのキーワード検索

「仲介手数料 ○○駅」で検索します。

仲介手数料を減額することはかなりのアピールポイントです。
必ずコメント欄に仲介手数料半額などの記載があるためヒットします。



このような検索で仲介手数料半額の不動産屋を調べることができます。
費用を抑えたい方は初めから行くとよいでしょう。
ただし、全ての物件が必ず半額でできるわけではない場合もありますので、
お問い合わせで聞いてみましょう。


仲介手数料を半額にする方法2(以前見た)




不動産屋で紹介されて、気に入った物件の仲介手数料が1ヶ月分だった場合。
別の不動産屋に行ってこう言います。


「この物件を以前見たことがありここに決めたいのですが、
 仲介手数料を半分でやってくれませんか」



このように言います。


営業マンは案内もせずに契約が取れるため、半分でも了承してくれることが多いです。
ほぼ確実にできる方法です。


最初に行った不動産屋で交渉が難しかった場合ですが、
営業マンが長い時間をかけて頑張って探してくれた場合は断りづらくなります。
最初に仲介手数料が下がりそうか聞いてみるとよいでしょう。


仲介手数料を半額にする方法3(知人の不動産)




お部屋を見に行って決める際に、


「知り合いの不動産屋が仲介手数料を安くしてくれると言っていますが、
こちらでもできますか」



このように言えばほぼ安くしてくれます。

営業マンは、案内してまで時間を使って、成果がないくらいだったら安くしてでも決めようと思います。

もし下げてくれなかったら、他の不動産屋に行って安くやってくれるところを探すのです。


仲介手数料を半額にする方法4(自分でみつけた)




お部屋をネットで探して、営業マンにスマホ画面を見せてこれ空いておりますか?と聞きます。


「ここにきめたいのですが、

自分で探したお部屋なので仲介手数料を半分にしてくれませんか」



このように言えば安くしてくれる会社もあります。

営業マンが探したお部屋でなく労力がかかっていないため、下がる可能性があります。

もし下げてくれなかったら、他の不動産屋に行って安くやってくれるところを探すのです。


仲介手数料を半額にする方法5(他社は半額)




不動産屋に行って気に入ったお部屋が見つかった場合、

あとでその物件をネットで調べることをおすすめします。

良いお部屋ほど何社も募集をだしており、競争のため仲介手数料を安くしていることもあるのです。



もし半額で募集がでている不動産屋があった場合、

「この不動産屋は仲介手数料半額でやってますが、こちらは半額にできますか」

このように言います。

不動産屋としてはせっかく案内までしたのに他の不動産屋に行かれてしまっては無意味になりますので半額で了承してくれることがほとんどです。


もしネットに半額で募集が出ていなかった場合、

他社に行って、

「この物件を別のところで見ましたが、仲介手数料を半額にしてくれればこちらで決めます」


この流れがほぼ確実に仲介手数料を半額にできる方法です。

ご参考にして下さい。




人気のおすすめサイト


SUUMO

物件数豊富、人気NO1サイトのSUUMO

   スマイティ

必ずキャッシュバックがもらえるサイト

   door賃貸

キャッシュバック率が高いサイト 

初めてのシェアハウスを考えている方必見


   かぼちゃの馬車

人気NO1女性専用シェアハウスサイト。
初期費用のやすさ、イベントなど充実。 

ステップクラウド

男性、外国人向けシェアハウスサイト。
2万円台からあり。初期費用が安い。 

人気急上昇中の話題サイト


いえらぶ

全国300万件を扱う
賃貸ポータルサイト

キャッシュバック賃貸

現金還元サイト
最大10万円 

  部屋まる。

東京で6万円以下の
物件を扱うサイト

忙しい方におすすめのチャットで探してくれるサイト


    イエッティ

深夜まで対応。東京、関西対応。
既読がつきライン感覚でやりとり可。

   イエプラ

深夜0時まで対応。現地待ち合わせ可能。
お部屋を探してくれるサイト。



posted by 賃貸比較 at 23:50 | 仲介手数料を交渉する 
. 

▲ページの先頭へ